MGバスターガンダム

MGバスターガンダム

2016年5月18日水曜日

HGリゼル素組みレビュー

次回作用のHGリゼルを構造を理解するため、素組しました。
今回も勿体無いのでプチレビューします。

素立ちポーズです。問題なくカッコイイです。が、バランス的に顔が小さすぎです。
 
WR形態です。デルタ系同様パーツ差し替えで変形します。
WR変形時は上半身と股関節パーツをまるまる使いません。
付属は画像のビームサーベル(持ち手2個とビーム部1本)とビームライフルだけのシンプル構成です。
今回HGUCなのにデカールが付属してました。コレは嬉しいパッケージです。

アクションポーズ(説明書に準じてます)



可動範囲は広い方かと思います。
脚部は180°近く開くのですが、腰アーマーに干渉するため、ポージングはそれなりになります。
また、肩部は最近には珍しい?胴体側に軸固定なのでスイング出来ません。ポリキャップで回る仕様です。

ボディが大きいく太いので、顔が異常に小さい印象になります。

胸部がSDのデルタプラスと比較すると大きさがわかると思います。

最後は、また、デルタプラスとの2ショット。

作製順と搭乗順は真逆になりましたが、リゼルが完成するとリディ少佐の搭乗機をコンプリートすることに気が付きました。

これからSD化の検討に入りますが、本体優先なので今回はWR変形はオミットする方向になると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿