MGバスターガンダム

MGバスターガンダム

2017年10月16日月曜日

GM/GMスナイパーミキシング計画-6

GMGMスナイパーの胸パーツ移植です。
かなりゴリゴリ削って無理やり位置出ししましたが、まだまだ調整が必要な状態です(ーー;)
モチベーションを上げるために一旦組んでみました。
本体がクリーム色だからか、スナイパー感が薄い感じです(~_~;)
まぁ塗装すれば雰囲気は変わるでしょうから、現状は良しとしましょう!(^^)!

しかし、この感じからすると、胸部パーツの移植は思った以上に難航しそうです(>_<)

2017年10月15日日曜日

GM/GMスナイパーミキシング計画-5

引き続きGMGMスナイパーのミキシングです(*^_^*)

今日は腕パーツを移植しました。
GMGMの前腕は細身で連邦系MSっぽくない形状をしているので、標準的なジムスナイパーⅡの前腕を移植します。

GMGMとジムスナイパーⅡのパーツ構成の確認からです。
画像を見るとわかりますが、前腕内部のポリキャップ以外はほとんど同じパーツ構成に、なっているので、移植は難しく無さそうです(*^_^*)

パーツの合い具合はどうでしょう?
ジムスナイパーⅡのパーツ内部を少し削るだけでポリキャップの収まりもイイ感じです!(^^)!
ただ、前腕部の長さは全然違います(~_~;)この辺がスタイルの違いに現れるのでしょうか?


前腕の長さは4mm延長で丁度でした。
後、肩アーマーの胴体との接続ピン位置を少し下に移動して、イカリ肩にしてます。
まだちゃんと処理してませんが、画像の通り2~3mm程度移動させました。

最後は一番の難関である胴体の移植ですが(~_~;)焦らず、慎重に進めるつもりです。

2017年10月14日土曜日

GM/GMスナイパーミキシング計画-4

GMGMはアチコチミキシングして調整中です。

GMGMとジムスナイパーⅡはパーツ構成が一緒なので、パーツをミキシングしやすいのですが、キレイに繋ぎ合わせるのは難しいです(~_~;)

現状なんとか形になったのは片脚だけです。
画像一番右がパーツを移植したGMGMスナイパーの脚です。
フクラハギも移植したかったのですが、断念しました(ーー;)

まずは出来る範囲で移植して、バランスと可動範囲の確認が出来るところまでいきたいです(*^_^*)

2017年10月12日木曜日

GM/GMスナイパーミキシング計画-3

今日はGM/GMの頭部を加工しました(*^_^*)

GM/GMのカスタムヘッドをベースにジムスナイパーⅡのバイザーと耳当てを取り付ける加工です(*^_^*)

サイズは問題ないので、バイサーがハマるように穴を開けてから耳当てがハメる溝を造る加工です。

途中画像はありませんが、穴と溝の位置を左右と上下に合わせる必要があるのが、ちょっと難しい所でした。

バイザーの開閉位置もイイ感じ!(^^)!
オデコのメインカメラ?の部分はどうしてもバイザーが干渉してしまうので、結構削る必要があります(ーー;)
それとアゴの出っ張り部分は、ライフルを構えるのに邪魔になると思い、削り取りました。

頭部が形になったので、さっそくボディに合わせてみました(*^_^*)

違和感無く、イイ感じになってます\(^o^)/
自分はバイザーを降ろした方が好みです。
次はボディを少しづつパーツ入れ替えです。

2017年10月11日水曜日

GM/GMスナイパーミキシング計画-2

GMGMのミキシングをする前にパーツを入れ替えてバランスを確認しました(*^_^*)
GMGMとジムスナイパーの各部接続は共通部分が多いので、四肢はポン付けで取り替えられるようです。
左はキット素組のジムスナイパーⅡで、右はジムスナイパーⅡの頭部と腕をGMGMに付け替えたところです。
ジムスナイパーの外装を上手くGMGMに被せればスタイルの良いジムスナイパーⅡになりそうです(*^_^*)

でも頭部がなんとなくノッペリ感じます(~_~;)
そこで、ジムスナイパーⅡの頭部とGMGMのコマンドタイプの頭部と比較しました。
自分的にはGMGMの頭部の方が好みです。
ガンプラは顔が命なので、なんとかGMGMの頭部を加工して使いたいと思います(*^_^*)

2017年10月10日火曜日

GM/GMスナイパーミキシング計画-1

HGジムスナイパーⅡが無事届きました\(^o^)/
RGユニコーンに慣れたせいか、部品点数も少なく非常に組みやすかったです。

で、GM/GMのプロポーションと可動域を活かして、HGジムスナイパーⅡをミキシンギしていく予定なわけですが、まずジックリ比較してみたいと思います。

まずは素立ち比較です。スタイル抜群のGM/GMと比較するとズングリムックリのHGジムスナイパーⅡですね、でも単体で見れば十分スタイルはカッコイイです。

次は可動範囲の比較です。
ライフルを構えることが出来るHGジムスナイパーⅡですが、さほど可動範囲は広くない印象です。
腕の交差もGM/GMは拳が交差できるのに対し、HGジムスナイパーⅡは拳がつきません(~_~;)
膝、腰の比較もHGジムスナイパーⅡは今一歩です。

さすがGM/GMといったところでしょうか、HGジムスナイパーⅡもHGにしては十分な可動範囲ですが、ライフルを構えさせるとなるとちょっと不安な可動範囲です。

最後に実際にライフルを構えたところを比較します。
HGジムスナイパーⅡは、説明書に習ってポーズを付けてます。
やはりGM/GMは自然な構えになっていますね!(^^)!

というわけで、GM/GMスナイパーにする価値大いに有りということが確認できました(*^_^*)

何処まで違和感無くミキシング出来るか判りませんが、これからミキシング開始となります。

2017年10月9日月曜日

MG FAユニコーン作製-9

GM/GMの改造パーツであるジムスナイパーⅡをアマゾンに発注しました(*^_^*)

それが届くまでの間、放置しているキットを少しでも進めようとしてます。
(とは言え、明日には届くのですが(~_~;))

以前、本体バランスを改修して放置していたMGFAユニコーンです。
MGとはいえ古いキットなので、ディテールがかなり寂しいキットですが、RGを手本に少しディテールを追加しました(*^_^*)
膝関節とつま先の改修済みですが、左がディテール追加前で右が本日RGに準じてディテールを追加した脚です。
大腿部とフクラハギ部はディテールが無いのでノッペリした印象でしたが、一気に面内密度が上がりました\(^o^)/


塗装前画像なので、判りズライですが、スミイレすればRGに匹敵する見栄えになるかと思います(*^_^*)
まぁ、明日からはGM/GMスナイパーの作製優先になるので、完成は何時になるかは不明ですが(~_~;)